Anong Lugar Ito ?

ここはどこ? いつしかPinaの世界をさまよう脳炎迷人の泥酔覚書
空港タクシー
問題だらけのタクシーですが

幸いアコはあまり変なのに当たった事はありません

でも、交渉があったり、あきらかに怪しいドライバーだったり

乗るのをやめた事は何度もあります

一般の流しのタクシーも怪しいのがいっぱいいます

本当に邪魔くさいです



そういう事が当たり前の風習が染み着いている

本当に邪魔くさい乗り物です



最近はウーバのようなものが活発になって来たので

ネット環境が現地で使える人は、そちらがお勧めです

それでもちょいちょい問題起こっているようですが・・・



空港タクシーは、ここ何回か使っていますが

メーターで普通に走るようになり、前とはだいぶ違ってきました

ドテルテ効果が出ているんでしょうかwww



マラテで250程度、マカティーで600程度で行けます

スカイウエイもできたので、マカティーまでの渋滞もスコーンと走り抜け快適です



なにも言わなければ、少し弾んであげるのに

チップ要求してくるドライバーには、本当に頭にきますね



フィリピンで、一番改善してほしいものの中の一つです



セブのタクシーは、ほとんどメーターで走ってます

今回のセブの行動の80%はタクシー移動でしたが

メーター廻さなかったのは1人だけでした

ほぼ、タクシー環境は安全な部類と言えるでしょう




マニラでは、巡り合わせと運しかないでしょう

信じられない世界ですが、当たり外れの世界です



あほらしくて、呆れます





Tunay Na Mahal 別ブログはこちら

フィリピン パラダイス ランキング




スポンサーサイト
治安は
戒厳令がしかれたり

テロ集団と戦争体制に入ったミンダナオ

マニラでも大変な事件が起こり

日本人殺人事件が連続していて

相変わらず、治安が劣悪なフィリピンですが

毎度毎度思うのが、現地に行ってみればいつものようにのんびりした感じです

危ない地区、平和な地区があり

危ない地区で起こる事件は、現地でもニュースにもなりません

なぜなら毎日のことだから(-_-;)

平和な地区で起こる事件はニュースになります

今回はマカティーだけだし、マラテにも行く時間もなし

セブ島はのどかです



事件や事故は突然やって来るので、最善の注意を常にはらうしかないのですが

巻き込まれない行動のとりかた、流れを意識しながら

予防策を張り巡らせて先読みしながら行動するしかないと思います



テロ集団が、コーラン唱えれなかった方を皆殺しなど恐ろしい事実も、

コーランを覚えておくのも予防策でもありますね

アコはがんばってみましたが、さっぱり覚えれませんでした(-_-;)



暗い道より明るい道を歩く、寂しい道より人の多い道を歩く

ホールドアップに会っても、渡す金とは別に隠し金は別に持っておく

怪しいタクシーは避ける

怪しい婆絵は避ける(プ



安かろう悪かろうは、すべてに共通する

安い婆絵には裏がある

ま、みんな裏だらけのピナだけど(プ



変な店には近付かない

荷物は離さない

携帯を外で弄らない



上げ出すとキリがないが

身近な予防くらいしか出来ないのでね



テロ集団も恐い

強盗も恐い

婆絵も恐い(プ



恐いことだらけのフィリピンですが、

なぜこんなに魅力満載なのか



本当に不思議な国です





Tunay Na Mahal 別ブログはこちら

フィリピン パラダイス ランキング




比国へ
フィリピンへ行って来ました

13回目? 14回目かな…

もう国内出張となんら変わらない感覚です

慣れって恐いですねwwww

いつものように関空に行き、PALの長蛇の列にビビリながら並びます

ビビリながらってのは、ミナミの婆絵や他の地域の婆絵にほぼ100%の確立で会うのでwww

ゲートの待合でも誰かに会うのをビビリながらwwww




今回は、めずらしく知ってるピナは1人だけでした^^;




今回は、いつものようにマカティーへ行き、3日ほど仕事してから

初めてのセブ島へ行きます

セブも、もちろん仕事です

マカティーのローカルスタッフも、こちらでお世話になってるNG氏もセブへ乗り込みます

セブは4~5日滞在で、せっかくなので1日だけビーチへ行く予定です



最近、慣れてしまいというか、だいぶ飽きてきたマカティーで

現地担当者とも、ここ2回くらいブッチしており・・・・

行きたいお店もなく・・・・

担当者の店ではない2店舗ほどを通う

日本に居る時は、毎日のように担当者とLINEしているのに、なんか会う気になれない

毎日夜中来られて眠れないという恐怖から、自然と避けてしまっているのが本音だろうか

いつも待っててくれている担当者には申し訳ないが・・・・

特に何をすることもなく、ボーーッと指名娘と他愛もない話をしながら飲んでるだけ

現地に来ても、こんな楽しみも無くなってしまったアコでしたが

今回は、セブ行きという新天地があるので少し心持が違います





新天地の楽しみが待っているので、気持ちが少し軽くなったのか

滞在日数が少ないということもあり

今回は、担当者に久々に会うつもりです




こんな感じでスタートしたフィリピン行きです





Tunay Na Mahal 別ブログはこちら

フィリピン パラダイス ランキング