Anong Lugar Ito ?

ここはどこ? いつしかPinaの世界をさまよう脳炎迷人の泥酔覚書
ミナミ連続
ビクトリーさんと連絡を取り、少し飯でも行こうと思っていた日

急遽パロ会でこの日は集まりとなりました

悪徳弁護士さん、とどちゃん、ハポンさん、ビクトリーさんと某寿司屋で集合

その後は、いつものパロ会で行くPPへと傾れ込み

いったんお開きとして、ハポンさんとビクトリーさんは帰られました

アコと悪徳弁護士さんととどちゃんとで、悪徳弁護士さんの逝ってる居酒屋へ

その後は、Pレスへと逝きました



PPも数軒覗きに逝きましたよ

でもミナミでどこも逝く気にならずの展開でしたwwwww

居酒屋 → PP → 居酒屋 → Pレス

ま、ミナミですからwww しょうがない

えらい遅くまで飲んでしまいました




その数日後、H県のK社長が大阪へ出て来られ

K社長の仕事繋がりのT社長さんと三人でミナミへ行きました

お好み焼き屋で少し飲んでから、T社長の逝っている日本人のスナックへ顔出し

その後は、T社長の逝ってるPPへと逝きました

アコがフィリピンデビュー当時から知っている婆絵がママをしており

そいつが昔からT社長の指名でした(プ

豪快な飲みっぷりのT社長で、テキーラは2本下ろし

アコもK社長もドン引きでしたが、こういう飲み方に憧れているのも事実てす(^_^;)

金があれば、せこせこ飲まなくてもいいのに(^_^;)

アコとK社長の1セットずつ、せこく歩くスタイルではなく

一軒で豪遊タイプのT社長に付き合い、昔から知ってる奴らに囲まれ

隣にはブッサイクな婆絵が憑き、過酷修行のような時間でしたが

T社長とはおもしろくたのしく遊べて、これからもお付き合いが続きそうな悪寒です






Tunay Na Mahal 別ブログはこちら

フィリピン パラダイス ランキング




スポンサーサイト
三当たり
長年お世話になったお客さんが、一身上の都合で退職することとなり

その最後の日に、送別会を兼ねて某所へ遊びに行きました

この界隈は、マカティーで知り合い良い関係になったタマコが日本にカムバックした土地です

タマコとはいろいろあり疎遠になりましたが、その時以来逝って無く

というか、その当時もタマコの店にしか逝ってなかったため、この界隈を廻るのはアコも初めてです



お客さんと、最後の晩餐はしゃぶしゃぶ食い放題へ行き

仕事の事、今後の事などを語り合いました



で、どこに行ってよいやらと、取りあえず界隈を練り歩き

概ね目星を付けた店に片っ端から覗いてみます

取りあえず1軒目、いきなりですがめっちゃ可愛い娘が憑きましたwww

フォースの導くままですww

この界隈は、ミナミと同じで囲みパターンのようです

ミルミルワンセットで耐えてましたが、耐えきれず飲まれてしまい

クソみたい婆絵にまで振舞わねばならない囲みスタイルに納得いきませんが

となりの可愛い娘は大収穫でしたwww

この娘は毎日連絡頑張ってくれているので、今現在の段階では次回も有りです



二軒目は、パロ会の悪徳先生の紹介店へと逝きました

客は誰もおらずで、また全員に囲みを受けます

初めて客なので、あっちやこっちや質問攻めで対応に大変でした

この店も可愛い娘が横に着き、グイグイ来るタイプの娘でしたが

アコのタイプ的には少し微妙です・・・・・

悪徳先生は、前日にこの店に来ていたらしく、昨夜はクリスローレンスも来ていたらしいので

ババエ達にかなり残念がられましたが、アコはそんなにクリスローレンスが好きな訳でもないので別になんとも思いませんでしたが・・・・(^_^;)



3軒目は、夜も遅い時間になり、暇な界隈は閉まり始める店もチラホラ

フォースを研ぎ澄まし飛び込み!

お客さん1人だけでしたが、この店は囲み無しで一人ずつ憑いて好印象です

お客さんに着いた婆絵が可愛かったです

何故かアコのLINEを聞いてきましたが・・・(プ


思い出したかのように、たまにLINEがき続けています

ギリ有りかな・・・・考え中です



どちらにしても、1軒目の娘はアコ的にはタイプ娘なので、どうにかローテーションに入れたいのですが

場所的に行きにくく、少しキツイ鴨知れません



全体的には、ミナミと変わらんイメージでした

ババエもマタンダばかりで、酷いレベルのマタンダも多く

客も可愛いのに集中することは必須で、店での遊びは期待出来ない事は一度で感じました

最近、どこの土地もマタンダだらけで、常連さんが顔出しで廻っている感の印象が強く

やはりO県、H県、名古屋での時間に力を注いだ方が、賢明であるとますます思います



ま、PPなんて婆絵で行ってるので土地なんて関係ないんですがね

オキニが居れば逝くし、合わなければやめて次をまわるだけ

いつまでこんなことが続くのだろうかと、止められない自分の先に少し不安も感じます(プ






Tunay Na Mahal 別ブログはこちら

フィリピン パラダイス ランキング