Anong Lugar Ito ?

ここはどこ? いつしかPinaの世界をさまよう脳炎迷人の泥酔覚書
線引き
先日、A県ベテランYさんとPP遊びのお話を
いろいろしていたのですが

よく、掲示板等で行われている論争や
個々の考え方、遊び方は人それぞれで

では、一般的な線引きとは何だろう?

なんで、こんな会話になったかと云うと

Yさんの知り合いが、どっぷり某娘に嵌まってしまい
某娘だけは絶対自分だけで、
某娘に悪いので他では遊ばない的な…
いくら忠告しても、無理で聞く耳持たず
完全に出来上がってしまってるらしく(-_-;)

よく、ある話ですが

一般的な勘違いかも知れません
もしかしたら、本当にそうなのかも知れません

話の前後背景がわからないけど
99%勘違いだと思います(プ

この手の話をしだすとキリがないけど
水ものの遊びは、深入りしない方がと
よく言われます

接客、友好、恋愛、枕、営利、金、嘘、真実
この辺がごちゃごちゃになっていて
真実が不明な点だらけだからでしょう

店で楽しむだけでいい人
オキニと同伴等で満足な人
オキニと男女関係が持てれば満足な人
セ○レまで当たり前の人
恋愛付き合い、所謂彼女にしたい人
アサワにまで考えれる人

相手にもよりますし、考え方も付き合い方も人それぞれです
ただ、言えるのは、
自分が選んだ婆絵だから
その婆絵とどう付き合うかは納得の上でと云う事ですね
線引きはその当人しかわからないし

複数付き合いの方は、それぞれの相手によって線引きが違うかも知れません

難しいです
営利目的が基本にある以上
この遊びの永遠のテーマでしょ^^;

しかも、PPの場合異国からの出稼ぎ労働者であるという
強烈な背景を持つ相手ですから
自分の素姓を知らない外人相手に商売してるのですから
嘘なんて平気で兵器ですww

勘違いを楽しむのも遊び
沢山の婆絵と交流を持つのも遊び

遊びと考える人
本気と捕える人

慣れてくれば、すべてが勘違いの世界で
嘘と幻想の世界に居るのだという
自覚が出来るようになってくる

ようするに、常に自分を客観視できるようになってくると云う事です
慣れてる人は、その事に防御壁も持っているし
幻想の世界にどう身を置くのかを自分なりに持っている

でもP中毒者はわかっちゃいるけど、その世界から抜けられない
場数踏んで経験沢山積んで、恐がらずドンドン逝くことですね
勘違いは当たり前です
ポジティブに逝きましょう



アコの線引きに対しての考え方は…
(゚∀゚)アヒャヒャヒャヒャ



gazo0726_dfg23.jpg
アナタダケヨ アコ、ウソイワナイモー


スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫