Anong Lugar Ito ?

ここはどこ? いつしかPinaの世界をさまよう脳炎迷人の泥酔覚書
オッパブ
物凄く忙しい日々を過ごしており

まったくブログに手が着けられない

もう、いつどこへ行ったのやら、記憶も薄くて忘れている

いろいろあったけど、割愛してメモ程度に書きます



フィリピンから帰って、久しぶりにW県でお客さんと飲んだ

W県で夜に飲むのは、昨年1セットで逝ってしまった事故的婆絵と別れてから実に1年以上ぶり

居酒屋から、キャバクラへ行き、その後は4~5年ほど前の担当者が居たPPへ

ここで憑いた婆絵がドストライクであった

が、元担当者がまだこの店に居た (´゚ω゚);;*,';;ブッ

まじか・・・・・

ヒサシブリヤン ノマセテヤ 

なんでやねん

ツメタイナ ゼンゼン ムカシト カワッテナイ ツメタイママヤ

そんなやり取りがあったが、アコは無視を続けたwwww





それから数日後、オメ神君とキューピー君とお客さん2人とで居酒屋で飲んだ

かなり酔っぱらって、お客さん2人とアコとで行きつけ郊外店へ行き、ほぼラスまで飲んだ

行きつけの郊外店は、週始めもあり婆絵は少なかったが、お客さんはカラオケさえあれば楽しめるタイプの方だったので、わざわざ来て良かった




その後、2日間連続の全社会議があり、初日はみんなで居酒屋で飲んだ後、東京の同僚と2人で飲みに行く

行きつけの郊外店へ行ったが、東京の同僚はPP系ではなく、オッパブ系に行きたかったようで

しきりにミナミへ行きたいとわがままを・・・・(~_~;)  はよ言えって・・・

15分ほどで、店を後にして久々のミナミへ出る

オッパブなんて行くことのないアコは、幸い知合いだらけのミナミなので、いろんな人伝で紹介を受け1軒を決めた

店に入るや、クソがつくほどエロい同僚は、初っ端から全快モードでぶっ飛ばす

見るに耐えんド級のエロさである (´゚ω゚);;*,';;ブッ

やっとのことで、時間が来てホッとしたアコだが、ここで同僚は

エンチョーーーーー!    `;:゙;`;・(゚ε゚ )ブッ!!

まさかのセクキャバで延長である(-_-;)

取りあえず、3人目に憑いた娘がめっちゃ可愛かったので救われたが

この娘でなかったら動物園に放り込まれたアコとしては地獄である

すかさず、この可愛い娘を固定したのは言うまでも無い

同僚は押し倒して、ド級のエロ状態で、もうティティコのおさまりがつかん状態のようで

さらに  エンチョーーーーーッ!   `;:゙;`;・(゚ε゚ )ブッ!!  マジカ!

後にも先にも有りえん、まさかのセクキャバ3セット突入である

しかも3セット目は個室へ移動付オプション  (´゚ω゚);;*,';;ブッ

個室と言えども、壁で仕切られているだけだが

アコは、固定の可愛い娘に、ウトンから首から耳から顔全体とベロンベロン舐め上げられ

気持ちがいいのか、気持ちが悪いのか、紙一重の世界へ引きずり込まれていた

ハッと気づくと、同僚が壁越しに覗いている (´゚ω゚);;*,';;ブッ

どうしたと聞くと、指名の婆絵が3セット目突入後、来なくなったらしい

ヘルプも来なくて暇らしい (゚∀゚)アヒャヒャ

そりゃ、あれだけエロいことしてたら、嫌がられること間違いナスである

結局、最初と最後の5分だけの哀しい指名3セットでタポスな同僚であった

(゚∀゚)アヒャヒャヒャヒャヒャ

店を出たアコは、このままでは気持ちが悪くて帰れない

どこかで落ち着きたい気分もあり、コードK氏の居るお店へ行った

コードK氏のお店に入り、真っ先におしぼりを指名し、舐めまくられた胸から顔全体をくまなくふきあげたことは言うまでも無い



その次の日は、会議が終わり、名古屋の同僚と先輩とで居酒屋へ行き

先輩の行きつけスナックへ顔を出してから新地のクラブへ繰り出した

ここのクラブは、かなり特殊なクラブで、最近この先輩とは連続で通っている

ちなみに、このクラブのお姉ちゃんとは、外で飯くったり飲みに行ったりもしている間柄なので、アコ的には物凄く居心地の良い店になっている


なんだか、メモ程度と言ったが長くなったので、一度ここでカットする







Tunay Na Mahal 別ブログはこちら

フィリピン パラダイス ランキング








スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
ぷっ。
2016/12/12(月) 09:52:20 | URL | Mal #-[ 編集]
Re: タイトルなし
> ぷっ。

プッ
2016/12/14(水) 23:08:59 | URL | Nigti #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫