Anong Lugar Ito ?

ここはどこ? いつしかPinaの世界をさまよう脳炎迷人の泥酔覚書
久々の充実感
フィリピンへ行って来ましたよ

いつもの便で関空から行ったんですけど、まぁ~しかし知合い婆絵に会わないって事は今までなかったのでは?

今回も、アコのPPデビューの頃からの知合い婆絵と会い、少し話もしましたが

他にも次から次から、声掛けられる始末(-_-;) その他ミタコトアル婆絵もちらほら…

出発と帰りの飛行機が何気に一番イヤな瞬間になっているアコです(-_-;)



さて、今回は某婆絵に会う事と、最近病んでるアコは一人自由行動としてマラテを廻る事にして、初日は日曜からマラテ入りすることにしました

仕事ではマカティー滞在のため、渋滞の中マラテまで出るという事が少なく、休みを噛ましてくらいでしか行けないのでね^^;

さて、マニラに到着したアコはタクシーへ乗り込みマラテの某ホテルへ

最近、タクシーもドテルテ効果で真面目になったのか、メーターでちゃんと行ってくれるタクが増えて安心です

この日も空港からマラテまで確か190ペソ位でしたww



ホテルに着き、マネーチェンジついでに少しロビンソン内を久々に探索していると

小一時間ほどで、担当者から電話が入りホテル前に到着したと^^; 早っ!!

この婆絵、フィリピンへ行きだした当初から、マカティー某店で知り合い速攻カマシテ担当者

担当者としては、3年近くになり古い娘なんだけど、とにかくしつこくて鬼電もすごくて

毎日、LINEも数十通来る典型的ピナで、あまりのしつこさにアコの逆鱗に触れ1年半ほど放置プレイしておりました

その間にマカティからマラテへ店変わりして、フィリピンへ行く際も連絡もしておらずでしたが

それでも、1年半何も無く、会わずでしつこい連絡もたまにだけ返すという流れでしたが

鬼畜と呼ばれているアコも、さすがに可哀想になり今回久しぶりに会う運びとなりました



ホテル前で待ってた担当者と合流し、そのまま部屋へ行き久々の一発をカマシテ少し時間は早いが食事へと出かけました

マビニの中ほどにある日本料理店で食べましたが、なかなか美味しかったです^^

で、同伴で担当者のお店へ行きました

小箱店で婆絵クオリティーは中の下と見受けられました

次へ進みたいアコは、早々1セットで店を出てアドリアティコ某店へ

次のお店は、新店でこちらの知合いのお勧め店でもあったので迷わず突入

豪華な内装で婆絵も綺麗な娘が多かったです

ショーアップで選んで、ここも1セット

豪華過ぎて、ちょっと落ち着かん感じでしたが、婆絵もいい娘で楽しめました

それから、ある程度行ってみようかなと目星を着けていた店の中から絞り込み

某店に向かうべくボコボを歩いていると、某店を過ぎる時にフォースに反応があり

それでも、強硬に目星を着けた某店へ向かうが、フォースが違う違うさっきの店だと示すので

今一度、Uターンして戻り再チェックする

やはり、この店だとフォースの導くままにその店へ突入

店は結構ヒマそうで、2~3人程度のお客さん、婆絵は店の割りに多く、ショーアップで2人まで絞ったが迷いに迷いまくっていると

店側から強引に2人指名と乗せられ (´゚ω゚);;*,';;ブッ

両腕を2人の婆絵にガシッと抱えられ、席に3人でドスンと着席(-_-;)

流れで、ダブル指名となりました・・・・

一人は、若い娘で可愛いです

もう1人は、年はいっててベテランだけど、ドストライクです^^;

少し話しをして、落ち着いたベテラン婆絵と、キャピキャビノリノリの若い婆絵

その場はノリノリで楽しいんだけど、アコの心はやはりタイプ娘のベテラン婆絵へと引かれて逝く(プ

アコはスーパーベテラン扱いで、店内婆絵全員からめっちゃ冷かされたものの、久々にPPに行って楽しかったという充実感に包まれた1セットでした^^;

やはり常々思うが、情報は情報として大事ではあるが、結局は巡り合わせの世界なので、運を天に任せ、自分の磨き上げた直感、アコはスターウォーズのフォースに例えているが、そういう物に導かれた時に、ほぼ外れた経験が無い
どの地域へ出向いても、どんないい店でも、いい婆絵と会えなければ意味がないので、フィリピン現地で沢山あるお店、沢山いる婆絵の中から、納得の婆絵を引き当てたという事が、アコにとってフォースの覚醒がさらなる域へ到達とポジティブに考えてしまう(プ

これで、初日の行脚は終わり、ホテルへ帰りさらにビールを飲んで眠りに着きました







Tunay Na Mahal 別ブログはこちら

フィリピン パラダイス ランキング




スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫