Anong Lugar Ito ?

ここはどこ? いつしかPinaの世界をさまよう脳炎迷人の泥酔覚書
フォースの導き
H県から戻り、いつものようにQP君とオメ神君と居酒屋で飲み

この日は、半年ぶりくらいになる郊外店へ足を向けた

ベロ酔いではあったが、懐かしい常連の顔がいつものように揃っていた

ベロ酔いになると、ろれつが回らずカラオケも歌えない

久しぶりの婆絵と、他愛もない会話で電車のあるうちに切り上げた





GWに、いつものようにパロ君が帰阪するので、QP君とパロ君とでミナミへ集合

居酒屋で再会を乾杯し、最近起こるピナのシックスセンスとフォースの導きによる偶然の話でP談議となるwww

今夜は、パロ君にとっても久しぶりのミナミという事もあり、パロ君のフォースの導きで飛び込む事としたwww

三ッ寺界隈に入るとすかさず呼び込みがたかり、数軒の店をあげて来るがどこも在り来たりの店ばかりであるwww

その中で新店で聞いた事のない店の名前を上げた呼び込みがおり、パロ君はそこへと決めたようだ

まずは、パロ君潜入でミルミルオッケーなので着席

店は小箱だが、アコも知らない婆絵ばかりで、ミナミにもこんな店ができたんだと驚く

というか、アコがミナミへ長く来ておらず、来ても決まった店しか行かないので ある意味あたり前でもある^^;

何年も新規廻ってなければ、婆絵も変わるのであろうwww

フォースの導きで入ったパロ君には、さすがベテランと言うべき引きで

パロ君にはピッタリの婆絵が憑いたwwwww

ノリノリで、超明るすぎ! 肉体良し(プ エロさ良し(プ

さすがである。 ベテランのフォースの強さに頭が下がります(プ

アコには、フィリピン人ではないものの、結構可愛い娘が憑いた

QPには綺麗系のオバPが憑き、ほぼパロ君に着いた婆絵のノリの異常さにその場を持って行かれたワンセットだったwwww




この店を出て、次はQP君のフォースにかける

店の前でアコ達が出て来るのを待ち構えていた呼び込みがwwww また数軒のPPをあげてくるがなかなかヒットしない

聞き慣れない店名にQP君がOKし、QP君のフォースに導かれる

QP君が潜入しミルミルチェックでオッケーなので乳店



○○久しぶり! ○○ヒサシボリ! アッ!久しぶり!

(´゚ω゚);;*,';;ブッ  (´゚ω゚);;*,';;ブッ  (´゚ω゚);;*,';;ブッ

店の最奥へ案内されたのだが、アコは奥へ進めば進むほど、ヒサシボリ状態である

(´゚ω゚);;*,';;ブッ  (´゚ω゚);;*,';;ブッ  (´゚ω゚);;*,';;ブッ

結局、この店に居る全員の婆絵のうち、一人以外全て

よーーーーーーーーーーく、知ってる 知りすぎている 婆絵達であった(-_-;)

これが、QP君のフォースである(プ

基本、鴨体質で鴨道を長きに歩み続けているQP君の導かれそうな店である(プ

アコには、かろうじて唯一知らない一人の婆絵が憑いた

と、いうかみんなアコの事を知りすぎていて、アコも婆絵を知りすぎていて

客にならないアコに誰も憑きたがらないのが本音であろう^^;

この唯一知らなかった婆絵は、他県から来た婆絵であったが、アコの出張でよく行く土地でもあった

ただ、この土地でPPに行った事がないだけで、一度でも行っていれば、この娘もヒサシボリであった事だろう(プ

この婆絵を引いた事が、ギリギリのアコの引きでもあるとプラスに考える(プ




パロ君は、その時楽しければ良い、自分が気にいれば良い、向こうがその気ならOK

でも邪魔くさくなったらポイという、遊び中心の典型的思考である



QP君は、気にいれば同伴オープンラストもなんのその、シャンパンなんて当たり前(プ

いつでも本気、騙されてるとは思いたくない典型的鴨スタイルである



この日は、QP君とパロ君の婆絵に対する対象的な考え方をもつ

2人のフォースの向かう先を垣間見た瞬間であったwww



フォースの導きは、やはり正直で、求めている方向へと

自分の積み上げた修行の方向へと導くのである




アコはこれからもフォースと共にあらんと確信したのであった






Tunay Na Mahal 別ブログはこちら

フィリピン パラダイス ランキング





スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
ムムム
QP君の件は、私の事を言われているのかと錯覚してしまった。

この記事は、鴨とベテランの違いが良く表現されていると、感心した次第です。

鴨道を進まれている、アコを含む多くの方々、精進いたしましょう!

2017/05/16(火) 18:12:28 | URL | ao-haru #-[ 編集]
Re: ムムム
> QP君の件は、私の事を言われているのかと錯覚してしまった。
> この記事は、鴨とベテランの違いが良く表現されていると、感心した次第です。
> 鴨道を進まれている、アコを含む多くの方々、精進いたしましょう!

どのように遊んできたかで、求めるスタイル感が変わるのだと思います
甘え上手婆絵に頼まれれば断れない、でも心地いいを繰り返して来た遊び方が染み着いてしまうと
知らず知らずにベテラン婆絵を求める体質になるのでしょうwww
同じ1軒のPPでも、いろんな遊び方がありますからねwww
鴨道を精進すると、行く末は大鴨となり、将来は現地の彷徨い人になる事が道のようにしか思えませんww
いてこまされないように、ご精進下さいませ・・・・(-_-)
2017/05/16(火) 23:47:48 | URL | Nigti #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫