Anong Lugar Ito ?

ここはどこ? いつしかPinaの世界をさまよう脳炎迷人の泥酔覚書
ビサヤの世界
アナタハ、ビサヤゴ、ハナセマスカ

話せるかい!

アア、オケー



どこにもベテランの方はおられるのでwwww



ビサヤ語、セブアノ語、ペラペラの日本の定住の方も多いようで^^;

もちろん国用語なので、タガログと英語は基本通じます

ビサヤの娘はタガログ、英語は話せるけど、マニラの娘はビサヤでは話せない

これまた、ある意味凄いなと思いました^^;



算数出来ない娘は多いけど、言葉に関してはいくつ話せるのだろうと

言葉に対しての覚える能力は、日本語を覚えるスピードを見ててもいつも凄いと思います

タレントで一回でも日本に行った事がある娘は、だいたい話せますからね

これは、フィリピン人みんなに言えますけど



ルソンにもいろいろな言葉がありますから、ビサヤだけに限りませんが

ビサヤの娘達に囲まれて、気質みたいなものに触れていくと、これはこれで心地いいと

日本のPPでも、ママがビサヤなら、自然とビサヤの娘達が集まって

フィリピンパブですが、ビサヤパブになってる所が多いですね



やはり、出身地による仲間意識のようなもの有るのでしょうか

フィリピン国内にも地域によって、少しずつ気質のようなものがあるんでしょうね

そう言った事は、日本のPPである程度そうなんだろうなと思ってはいたものの

やはり、現地に来て現地に触れて、現地の娘達とたくさん話してて

ああ、そうなんだと何だかわかったような気がします



同じフィリピン人でもちょっと違う

これからは、そういう接し方も必要なんだろうと感じました





Tunay Na Mahal 別ブログはこちら

フィリピン パラダイス ランキング






スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
アコが思うにビサヤのババエのヤキモチは尋常じゃ無いと。
2017/06/26(月) 07:52:42 | URL | Mal #-[ 編集]
Re: タイトルなし
> アコが思うにビサヤのババエのヤキモチは尋常じゃ無いと。

はい、ビサヤの婆絵はそう言われてますね
アコも何人か付き合ったけど、アコ的には
フィリピン人はみな同じ(プ
2017/07/02(日) 21:11:15 | URL | Nigti #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫