Anong Lugar Ito ?

ここはどこ? いつしかPinaの世界をさまよう脳炎迷人の泥酔覚書
下痢
海外に来て、恐ろしいことの一つに下痢がある

基本的に腹の強くないアコは、いつもこれにビビっている

海外生活中は毎日のようにビオフェルミンを飲んでいる

最近はほとんど腹下しは無くなったアコですが、それでも食べるものや水には注意している

本当に邪魔くさいことの一つです




で、セブに来て仕事の初日に、マカティーから前乗りしていた男性のローカルスタッフが腹下しで

仕事中、何度もトイレへ駈け込んでいた

かなり憂鬱そうな顔で、よく施設等に設置しているフリーで誰でも飲める水を飲んだらしく

絶対あの水が悪いと言っていた

アコは、海外に来たらペットボトルしか飲む気にならないので、その水は飲んでいなかったのだが

じゅうぶん有り得る事です・・・・




次の日、同じくもう一人のマカティーから前乗りしていた女性ローカルスタッフが下痢を起こした

彼女が言うには、前夜のパーティーで食べたレチョンにあたったと言っていた

レチョンは、アコも食べたのだが、アコは何ともなかった^^;

彼女も何度もトイレに駆け込み、相当苦しそうであった



フィリピン人スタッフが2人とも下痢に見舞われ、日本人のアコは何事もないという

考えにくい現状に、同じフィリピンでも、島が変われば、水が変わればこのような事も起こるのだろう



そういえば、後日NG氏とセブで合流した時にその話をしたのだが

マニラとセブとでは、全く水が違うと言っていた

シャワーにかかればよくわかると、セブの水は少しトロミがあるというか、少しベトつく感じがあると

アコには、全くわからなかったが、フィリピン定住者でマニラとセブを毎月往復している人間の言ってる事なのでそうなのであろう

どちらにしても、下痢をしてしまうとどこにも出かけられなくなり、強引に出かけたとしても

いつ漏らすやも知れない恐怖との綱渡り状態で、遊びに出掛けても全く楽しみも喜びもないのである

考えれば考えるほど恐ろしいことです



これからも、心して注意を怠ってはならぬことと、再認識した次第です





Tunay Na Mahal 別ブログはこちら

フィリピン パラダイス ランキング





スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫