FC2ブログ

Anong Lugar Ito ?

ここはどこ? いつしかPinaの世界をさまよう脳炎迷人の泥酔覚書
脱却
今、ao-haruさんのブログで、PPを120%楽しむ方法 と題して

対応ノウハウと言うか、ハウトゥを連載しているが

多分にアコの事が書かれており、こっぱずかしい限りではあるが

ここに掲載されているハウトゥを実践していて、目当ての女性の気持ちを引けるのではなく

結局、相手は100人居ても100人とも違う人間であり、すべてとらまえ方や感じ方は違うので

最後には、どのような相手にも臨機応変に対応できる引き出しや器が必要となってくるもので

人と人の事なので、そのパターンは無限であり、ノウハウやハウトゥでの説明はひじょうに難しいのです

むしろパターンなど無く、すべてが話しの流れなのです

後は、どう持って行くかは自分次第であり、その持って行き方も無限にあるということです

ここで書かれているハウトゥは、相手に与える印象やインパクトの大切さのようなことであり

これはこれで非常に大事なことで、生理的に受け付ける、受け付けないレベルの判断が

見た目の印象や、感じ取り方、生理的な印象のこと、人間性などなど相対的評価と申しますか・・・・

ま、今書かれている段階ではですが^^;



こちらが相手に何を求めているか、相手がこちらに何を求めているか

その折り合いがつかなければ、相手とは難しいことで

なら、相手をこちらの求めている世界に引き込んでしまうという事も、持って行き方と言えます

これには場数と経験と相手を理解する包容力のようなものが必要になり

結局は人と人の付き合いになるのですが

要するに相手の気根を憑いた話しや内容が無いと、相手は動きませんしこちらに興味も持ってくれません



夜のPPの世界は、つねに営利が絡むし、相手は出稼ぎ労働者で壮絶な背景があるために、求めてくる重みや重圧は半端ありません

また、この事だけでも凄いことなのに、これに輪をかけてフィリピンスタイルという日本人には理解し難い世界感を持った相手です

訳のわからないスタイルでゴリ押しにされ、うまく手玉に取られてしまう

自分のしている事は絶対おかしいとわかっていながらも、相手に変な情がわき、離れられなくもなる

相手の屈託の無い、天真爛漫な異様とも言える自由な世界感を持つ魅力から、もう離れられなく戻れなくなる

これらを理解しつつ、これらを上手くかわしながらの付き合いが出来なければ、ほとんどの場合が大やけどや大事故に見舞われます

大やけどした経験のある方、大事故になった方、大参事になった方は、この途中の対応で何かのズレが合ったのでしょう

それは、こちらの持って行き方を誤ったのか、相手に原因があったのかはわかりません



出来る限り大事故に会わず、有意義に遊びたいものです

こちらは、お客さんであり、PPに遊びに逝き、そのPPの女性と遊びに逝ってるわけですから

根本や根底にあるものを見謝ると、壮絶な相手の世界に巻き込まれて

人生、運命まで捧げることにもなりかねません



今の状況を客観的に見て、もう自分はヤバイかもと思うなら、すでに対応や持って行き方が違い

相手の術中に嵌まり、身動きできなくなっている状態か、自分の意志とは違う方向に行っているか

したくも無い事を、相手が言うからとズルズル状態になっているかではないでしょうか



気づけば、途方も無いところまで、逝きつくところまで来てしまってて

騙された、失敗した、あんなクソ女にと、恨みつらみとなり、後の祭り

ただの酒場遊びがとんでもない所まで来ている事を自覚せざるを得なくなります



自分の求めている事が知らず知らずのうちに、相手の求めている方向へと誘導されて

相手の世界から出られなくなり、解放された時は捨てられたと自覚

目も当てられませんね



気づいて遊んでいる方はまだしも、全く気付かず遊んでいる方は大変だと思います

ao-haruさんと話をしていて、これからのPPの行く末のような事を語っていましたが

要は、PPに恨みつらみを持ったり、イヤな思いをしたり、二度と行きたくないという気持ちになったり

そういう事にならず、客が楽しく遊べてPPが発展し盛り上がる

こういうことを少しでも考えていかねば、PPの高齢化、キャストの激減、PPの激減は加速し

アコ自身も行く店が減少して困るということに繋がる(プ




PP遊びは、出来るだけ仲間を持った方が良いと思います

物凄く特異な世界だからです

一人行脚 = オキニ入りピナ  危険要素満点ですwwwww

友達が居れば、いろいろな事を教えてくれるものです

この世界で、アコも独学で痛い目に会いまくりましたがwwww

友達が周りにいるのと居ないのとでは大違いです

周りにそういう仲間の居ない方は、ブログ繋がりでも、FB繋がりでも、今はネットを通じてでも知合いを作る手立てはいろいろあると思います

自分はドエライ目に合ってる鴨と思った方は、フィリピンをよく知る共感できる方を頼って

要領を教えてもらうことが、今のスタイルからの脱出の近道鴨知れません




ao-haruさんのブログ内容が、鴨からの脱却という観点で書かれていたように感じたのでwwww

あくまで、アコの主観で戯言と流して頂ければと思います







Tunay Na Mahal 別ブログはこちら

フィリピン パラダイス ランキング




スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
お〜〜尊師や〜〜
2017/11/06(月) 12:08:00 | URL | Mal #-[ 編集]
どエラいコトになってるのはワタシですかねぇ?www
2017/11/06(月) 16:29:15 | URL | りぃ #-[ 編集]
Re: タイトルなし
> お〜〜尊師や〜〜

(´゚ω゚);;*,';;ブッ

2017/11/16(木) 21:55:29 | URL | Nigti #-[ 編集]
Re: タイトルなし
> どエラいコトになってるのはワタシですかねぇ?www

鴨しれませんね
(゚∀゚)アヒャヒャ
2017/11/16(木) 21:57:15 | URL | Nigti #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫