Anong Lugar Ito ?

ここはどこ? いつしかPinaの世界をさまよう脳炎迷人の泥酔覚書
疑惑
O県から某県にて仕事を終え、2日間かけてH県へと逝った

そのまま帰ろうか、再びO:県へと戻るか、H県へと逝くか悩みながら車を走らせていた

前回のH県でK社長との忘年会行脚で最後に行った店で憑いた娘

毎日、物凄い濃い内容のLINEが来るのです

日本語は話せないが、明るい良い娘だったイメージがあります

忘年会後に、友人に見せたその娘の写真から全ては始まりました

アコはいい娘であった印象があるけど、友人達がみんなしてこれはバクラではないかと・・・・

(-_-;)

前回、名古屋へ行ったおりも、(▼▼)さんに見てもらったが

やはり、バクラの線が濃厚であるとの見解であった・・・・

(-_-;)

そう言われれば、確かにそう見えなくもない娘である

おまけに声もハスキーで少し低く感じる

(-_-;)

疑い出せば、キリが無く

間近に見ていたK社長も怪しいとの見解であった




しかし、アコとしては言葉は話せずとも、

この娘が悪い娘ではなく、むしろいい娘に感じたので

余計に気になって仕方がないのです



日々のLINEでは、しっかり育んでおり準備万端にはしており

後は、アコの心意気一つというところまで来ています



さぁ、ドスル・・・・  O県で再びタレと戯れるか・・・

疑惑のかかった彼女を、再度自分の目で確認しに行くか

(-_-;)



K社長に電話すると、他県へ出張中で居ないと・・・自分の目で再確認せよと

友人達は、面白半分に 「イケ~~~ッ」 と言うし



もしバクラであった時の、次の対処はどのように接して行けば良いものか・・・

いろんな事を考えながらも、遅い時間にはなったがH県へと来てしまった



意を決してお店へと逝ったが、店は完全満席で入れず

仕方ないので、1年に1回顔出すかどうかのお店で時間潰しで入った

指名娘がいるのだが、少し成長しており、昔のようなくびれは無くなっており

まっすぐな体になっていた

今後ますます足が遠のきそうである・・・・(-_-;)



1セットを時間潰しして、少し街を探索し疑惑娘の店へ突入する

客は、団体が残っているものの、半分位になっていた



疑惑の婆絵は、今後バクちゃんとします




バクちゃんは、満面の笑みでアコにしがみついて来たが

前回のヨッパのアコとは違い、目をギラつかせてアコはモーレツにチェックに勤しんだ

確かに、そうとも見えなくもない・・・・・でも婆絵である (-_-;)

どう見ても、ナイスバディーの婆絵である

しかし、声の低さや相変わらずのハスキーボイスも気になる所ではあるが

会話は進み、あっという間の1セットが終わったが、閉店まで残り30分という

実に中途半端な時間を残した



外で待つには、寒すぎる環境下でもあり、なけなしの延長 (T_T)

店終いと共に、やる気マンマンの沸点状況にあるバクちゃんと一緒に店を出て

エレベーターで、どえらいハリックを喰らいながら

そのまま、蛍街へと進むプタツ

逝く道で度々立ち止まり、恐ろしく濃厚なハリックを喰らう



蛍に着いたプタツは、扉を閉めるやハリックしたまま、そのまま一枚ずつ服を脱がされ

ベッドへ押し倒され、全身に激しい愛撫を喰らう

まさに、ハリウッド映画の濃厚なラブシーンのような状況で

それはそれは凄まじく、ほぼアコはレイプされているような状態であった


今までのアコがヤッてきた婆絵で、ここまでの激しさは居なかった

もしかしたら、やはり婆絵ではないのかも (-_-;) ・・・・そんなことも脳裏に過りながら

それでも、気持ち良すぎる愛撫にとろけて、もうバクラでも婆絵でもなんでもいいという気持ちになり

バクちゃんに引きずりこまれるようにシャワールームへと流れる



バクちゃんのナイスバディーをシャワーで流し、ペペに手をやった時

ペペは、物凄いヌルヌルのバッサバサ  !!!



(´゚ω゚);;*,';;ブッ




ババエやん・・・・・男ちゃうやん・・・・・




少し、がっかりしたような、ホッとしたような・・・・





シャワーを出たプタツは、天下一品のスープの中で

いや、納豆の中で、

いや、あんかけのトロミの中で

それはそれは、言葉で説明が出来ないほどの濃厚なソクソクを遂げた



アコも今まで相当数のソクソクをして来たが、ここまで濃厚なのは初めてのことである

バクちゃん、恐ろしく溜まっていたのだろうか (プ



それとも、コレハ、アイナノ だろうか (プ



4日間に渡り、ルマン24時間耐久レースのような出張帰りのアコには

あまりにも過酷なラストフィニッシュであり、2発目も超強引すぎる

立たないテテを無理やり半立ち状態でフィニッシュまで持って行くという

天国のような地獄のような、紙一重の世界で終えたのである



嵌まりそうでもあるが、このまま思い出として終えたい気持ちもある



体中にめちゃくちゃに着けられた、無数のデカイあざのようになったキスマークが

改めていかに凄かったのかを物語っていた・・・( ┰_┰)






Tunay Na Mahal 別ブログはこちら

フィリピン パラダイス ランキング





スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
ちっ(  ̄- ̄)ババエでしたか…
2018/02/09(金) 11:22:49 | URL | ぱに #-[ 編集]
Re: タイトルなし
> ちっ(  ̄- ̄)ババエでしたか…

(´゚ω゚);;*,';;ブッ

初体験ならずでした(プ
2018/02/12(月) 22:47:34 | URL | Nigti #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫