Anong Lugar Ito ?

ここはどこ? いつしかPinaの世界をさまよう脳炎迷人の泥酔覚書
マッサージ
マカティーに滞在中、必ず行くマッサージがあるんですが

その店は、お客さんの紹介で行った店で、そのお客さんともよく一緒に行きますし一人でもよく行ってます

真面目なマッサージのお店で、リーズナブルなので気にいってます^^

で、今回もTM氏とOS氏と3人で仕事の空き時間に行ったんですが

アコにはなかなかの可愛い娘が憑きました

いつもは強烈なオバサンなんですがねwww

ま、オバサンでもマッサージが気持ち良ければ何ら問題ないですからwwww

しかし、このお店には似つかわしくない可愛い娘です

いつも通り、足を洗ってくれてカーテン一枚で仕切られたマットへとそれぞれ入ります

どのマッサージコースにするか聞いてきますが、アコはオイルマッサージをお願いしました

ここで、ペラペラの服に着替えますが、何故かこの娘、ハダカで良いと言います

オイルマッサージなのでそうなのかなと思い、下だけ履き変えようとしましたが

パンツも履かないでいいと・・・・  えっ? 全裸?

何度も確認しましたが、全裸でいいから早く寝ろと・・・  (´゚ω゚);;*,';;ブッ

なんか恥ずかしいな~と思いながらも背中からオイルマッサを受けます

全身にマッサージが進み、ももの辺りからかなり際どい所までマッサージが進みます

なんかちょいちょい金袋に指が当たります

その度に声が出そうになりますがwwwww

後ろが終わり、表を向けと^^;

裸なんですけど・・・・

いいから向けと・・・

恥ずかしいんですけど・・・・

タオルでティティを隠しますが、そのタオルも取り上げられてしまい

アコはあられもない姿に・・・・・(ノ∀\*)キャ

で、表のマッサが始まりますが、若い可愛い娘ですし肌の触れ合いだけでもヤバいのに

ティティほりだして、しかもティティまわりをなんだか入念にマッサされているようで

さすがにこれはヤバイ奴だろうと思ったが、ちょいちょい金玉をなでるように手を当ててきて

この時点でアコは勃起との格闘に入っていました(プ

ジジイで、流石にそう簡単に立たなくはなってますが、ここまで入念にやられて

若いむっちりした太ももなんかも密着状態なので、マジやばいです(-_-;)

と、思っていたら、やっぱりスペシャルマッサージの事を耳元で呟いて来ました

手抜き1000らしいです (´゚ω゚);;*,';;ブッ 高いわ!

じゃ700で  (´゚ω゚);;*,';;ブッ  高いわ! して要りません

じゃ500で  (´゚ω゚);;*,';;ブッ  じゃ、お願いします(プ

日本円で1000円です

若い可愛い娘でびっちり密着状態の手コキで1000円なら牧場ですwww

足を大きく広げられて、股の間に彼女は座った状態で入って来て

太ももを腰部でがっちり抱えられるような体制で、ティティのオイルマッサージが始まりました

恐ろしく気持ちいいです

カーテン一枚隔てた隣には、OS氏がマッサージ中、その向こう隣にはTM氏が・・・・

声を殺すのに必死のアコですwww

我慢出来んアコはソクソクを求めましたが、さすがにそれはイカンと断られ

その代わり、チチからケツからパンツの中から触りまくってやりましたwww

ティティが入ってないだけで、ほとんどセクロス状態です(プ

耐えに耐えて発射しましたが、かなり良かったです




今まで何回も来てる店なんですがね

こんなお誘いは初めてのことでしたwww




この店にしょっちゅう来ているTM氏に聞くと、最近入った娘らしく

抜きなんてやってる店じゃないし、TM氏も何年間も通い詰めてるけど

そんな経験この店では無いらしく、よくこの店に通ってる人達からもそんな話は聞いた事がないと・・・・

先週、TM氏が友人と来た時に、アコに憑いた娘にTM氏の友人が当たったらしいが

マッサージの上手い娘で良かったと言ってたけど・・・

抜きなんてやられたら絶対話すやつだからと・・・・




じゃ、アコはなんだったんだ?

最初から全裸で寝かされてた時点で完全にそれ狙いだったのか

そんなにアコはエロそうに見えたのだろうか(プ




たぶん、店に内緒でやってるな

500なら、それだけで普通の人の日当だもんな

いい臨時バイトですね




次回の渡比の時も居るかな

あの娘 (゚∀゚)アヒャヒャ






Tunay Na Mahal 別ブログはこちら

フィリピン パラダイス ランキング




スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫