FC2ブログ

Anong Lugar Ito ?

ここはどこ? いつしかPinaの世界をさまよう脳炎迷人の泥酔覚書
インビバリー
東京での仕事があったので、ビバリーヒルズへ行ってきました

夕方にビバリー入りして、ホテルチェックインして

夕刻7時頃だったかな? reoさんとの合流

reoさんとは以前、プトタでタレ店巡り行脚した時以来の久々の再会です

reoさんのブログでよく出てくる酒処に行きました

しばらくしてreoさんブログでお馴染みの、うんごい先輩も登場してくれました^^



行脚内容はreoさんのブログで詳しく書かれていますのでご覧くださいませ

フォースがあるある  ←reoさんとこへ飛んでクリック1

フォースってあるある  ←reoさんとこへ飛んでクリック2

と、すみません・・・・ また同行ブログに乗っかる ずっこいアコです^^;





アコの感じたビバリーイメージを感想として書きますと

酒処の後はうんごい先輩とreoさんとPP3軒まわりましたが

イメージしていたほどの場末感もなく

ほぼどこにでもあるPPで、極めてぷつうであり、

むしろ、大阪や郊外、他でアコが行ってる地方のPPより

ババエレベルも高い方ではないかと思いました

しかも値段が安い (´゚ω゚);;*,';;ブッ

アコの知りうる限りの最安ではなかろうか・・・・

ババエの数も少ないわけでもなく、確かにオバサンも居るが

どこにでもいるオバサンレベルで、可愛い娘に限定してみても

かなりの上位クラスもおります

この価格でこの内容なら、全く問題を感じない



むしろ、大阪のPPのように高い価格で内容はババアによる囲みを受ける

がぶり四つ行脚に比べれば、はるかに天国であり

贅沢を言ってはいけないレベルです(プ



それでも狭い街の中で限られた店と限られたババエの中で日々となると

どこの地域でも修行ではあるでしょうが^^;



ま、アコ的には昔のようにとにかく良いババエとの出会い最優先の考えもなく

歳とったし体もボロボロとなると、与えられたわずかな時間を

楽しめる行脚としたいわけで、内容の良い行脚となったビバリーは

再訪問したい地域となりました

ぷとた地区も合わせてです

というか、reoさんとの行脚が楽しいのかもねwwwww



うんごい先輩に関して、ブログイメージのようにキツい風当たりなのかと思いきや

ババエもぷつう、reoさんもぷつうのナイスガイでしたwwww

むしろ、うんごい先輩のおかげで最後を良い印象で終わらせて抱き

アコは感謝せなあかんwww





ビバリーで知り合ったババエも連絡くれております^^




また、行く鴨~





Tunay Na Mahal 別ブログはこちら

フィリピン パラダイス ランキング





スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫