FC2ブログ

Anong Lugar Ito ?

ここはどこ? いつしかPinaの世界をさまよう脳炎迷人の泥酔覚書
平成ラスト行脚
平成のラスト行脚です

大型休暇の時は、転勤しているパロ君が大阪に帰ってきます

恒例の飲み会を今回もやりました

と、言っても昔はパロ君と2人でブラブラしてるだけの行脚でしたが

ここ何年かはQP君も加えての飲み会としています

今回は半端ない大型連休のため、交通機関は大渋滞、大混雑も予想されるため

おとなしくミナミでやりました ( ┰_┰) シクシク

パロ君と待ち合わせして 串カツ屋に行き、QP君も少し遅れて合流

串カツ屋 → PP → ブラジル(多国籍)P → Pレス → Pレス

こんな感じの行脚でしたが・・・・・

あまり行ってないように見えますが、実は呼び込み通じたり、なんだかんだで かなりの軒数を飛び込んでますwwww

もちろん、アコにも指名がある店も何軒かはありますが、ここは久々のパロ君が久々のミナミのPP実態を見てOKなら入るという流れとしました

なので、何軒も覗くが、なかなか決まらん (´゚ω゚);;*,';;ブッ

取りあえずおさまったものの、当たり前ですがヒサシボリだらけで ゴリゴリのオバP店です

こんなとこしかないのです ( ┰_┰) シクシク  つまらん・・・・

アコのPPスランプ状態と、PP&Pナさんタポス状態にさらなる拍車を掛けることになります

引退を考えさせられる一軒でしたwwww




PP行ってもつまらんので、多国籍Pへ行くことにしました

なんだか女の子少ないけど、悪くないので入店

ブラジル人と戯れるワンセット

いきなりですが、AI SE EU TE PEGOを入れられ、全員ホールへ引っ張られて振り付けダンスです

(´゚ω゚);;*,';;ブッ

昔のPPではいつもこんな感じだったなと思い出しました^^;

この曲、ポルトガル語の曲なんですが、流行っているようで何も言わずブラジル人が勝手に入れてました

アコはたまたまですが、某U氏から以前にこの曲を教えもらってましたのでよく知っていたのですが

QP君やパロ君はいきなりホールに引っ張り出されて踊らされてなんのことやらだったでしょうねwww



せっかくブラジル人だけなので、アコはデスパシート唄いましたwwww

以前、某店でスペイン人が着いたときには発音イケてるとマルを頂いてたので

再度、発音チェックも兼ねてという意味でwwww




結局、平成最後の行脚はブラジル人パブで終わりました

そして、平成最後のアコのカラオケソングは、スペインのデスパシートで終えました

(´゚ω゚);;*,';;ブッ



その後もかなりPP飛び込んだけど、納得先が見つからず

アコの行ってるPレスに顔出して軽く食べてQP君とはここでお別れ



パロ君とさらに2人で粘り練り歩くも、やはり決まらずでさらに別のPレスでサンミゲルを飲むwww

このあまり来る事の無い別のPレスに、パロ会御用達PP店のママがおり (´゚ω゚);;*,';;ブッ

当然、ママと話すことになります

ま、軽い挨拶程度の会話でしたが、結局、アコが平成最後に絡んだフィリピン人は

パロ会御用達店のママで締めくくったのでした (´゚ω゚);;*,';;ブッ




こんな締めで良かったのでしょうかwww




まったくフィリピンって面白いですね(プ




こういうところやwwwwww




ある意味アコのフォースはやっぱり はずさんなぁwwww






平成ラストスパートは、大病やら歳やらで体力的にも失速しフェードアウト気味でしたが

振り返れば、終盤はフィリピンと出会い、フィリピンだらけで生き抜いた時代でした

恐ろしい数のババエとヤッてきた時代でしたが、若さと情熱がそうさせたわけで

アコもすっかりジジイです

今では、すべてのババエを切って古いものとは関わらない姿勢に変えて行ってるため

新時代の令和は、平成のような過ごし方には戻ることは不可能であり

余生をどう過ごすか思案中で御座います

ま、フィリピンを完全に切るなんてことは無いのでボチボチゆっくりまったり

年相応の遊び方をしてことでしょうwww




いつもいつもこんな下衆ブログを気にして覗いて下さった皆玉

有り難う御座います

また、新時代令和に命が繋がりましたので、ブログは続けて行きますので

宜しくお願いします




6f9ad94b.jpg

マダ シナセナイワヨ






Tunay Na Mahal 別ブログはこちら

フィリピン パラダイス ランキング





スポンサーサイト



Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫