Anong Lugar Ito ?

ここはどこ? いつしかPinaの世界をさまよう脳炎迷人の泥酔覚書
国内線
お待たせしました

待ってないか^^;

ほぼ、毎日飲んでるのでプログに向き合えません^^;

また、一気に何話か書きためます




この日は、朝早くからびっちりアポを詰め込んでますので、NG氏と朝からマカティー市内を廻ります

昼過ぎくらいに仕事を終えて、少し時間潰ししてセブ島へ飛ぶ準備し余裕を持って空港着

フライトが八時前の便でしたが、結局遅れに遅れまくって、大かた2時間以上の遅れ

アコは、いつもマニラと大阪だけの行き来だけなので、今回国内線に乗るのは初めてです

国内線の遅い時間は、ほぼ確実に遅れるというのはいろんな方やピーナからも聞いてはいたのですが

実際、待たされるとやっぱだるいですね(-_-;)

マカティーのローカルスタッフ達は今日の朝からセブへ前乗りしてましたので

初めてのセブなのにアコ一人移動です

よく勝手がわからなかったですが、なんとか無事真夜中に到着

小さい空港だったので特に迷いもなく、外に出てとっととタクシーへ乗り込みホテルまで

結局、ホテル到着は12時前くらいになりました

タクシーの車中、初めて走るセブの印象は、ものすごく薄暗くて田舎感が半端なかったです

とりあえず、コンビニでビールや食べものを買い込んでチェックイン

本当なら空港到着が九時頃の予定だったので、早ければ1~2軒廻ろうかとも思ったが

朝も早いことから、部屋飲みしてこの日は寝ました





Tunay Na Mahal 別ブログはこちら

フィリピン パラダイス ランキング




新規店と飛び込みで流れ
この日は一人行動の日に致しました

と、いうかそういう流れになってしまいましたので、新規開拓でもしようかと思い

現地のベテランさんに以前から気になっていた某店の具合を聞いてみると、マカティーナンバー1店と太鼓判だったので突入致しました^^

婆絵の数も結構います

さすがはデカイグループ店ですね(´∀`;A

ショーアップで、婆絵を選んでいると、ひとり弾けて手を振る婆絵がおり・・・・よく見ると、なんかみたことある婆絵です

え、どこの娘だっけ? みたことあるレベルでは無くて良く知ってるレベルの娘です

あっ!と、顔は思い出したがどこの娘だったかが思い出せない(-_-;)

マラテか? マカティーか? それとも日本? O県か? 名古屋か? 某県か? 頭の中がぐるぐる・・・・

取りあえず、一人婆絵をチョイスして着席

さっきの弾けてた娘はビップに入っていきましたが、部屋に入る前もアコに大きく手を振ってます

はて? マジでどこの娘だったか・・・?

しばらく、ショーアップで選んだ娘と会話してたのですが、気になってしかたありません

必死で記憶をたどりました

LINEをたぐっていると、出てきました (´゚ω゚);;*,';;ブッ 

ミナミで昔に指名した事ある娘でした^^;

マジか・・・・って感じでしたわ

で、このお店は、アコは初潜入でしたが、とても綺麗で婆絵のレベルは半端無しです

ベテランさんのお墨付きがわかりますwww

アコが指名した娘も良かったので、次回も行くと思います



その後、どこに行こうかブラついていると、表の呼び込み婆絵に引きづり込まれて

入った事あったか半信半疑だったので、入ってみました

小箱で客は一人もおらず、着席してみてから、あっ!ここの店来たことあるわ^^; と気づくも

邪魔くさいので、諦めてショーアップで1人決めました

しかし、さっきの店とは格段にレベルが落ちます

ここまで違うかと、ビックリレベルです(プ

あの店がレベル高すぎなんですね(^_^;)

たいして面白くもない1セットをやり過ごして

テンションが下がってしまったので、このまま帰れず隣の店へと突入します

この店もたぶん初めてと思いますが、どうだったかここも半信半疑です

店はお客さんいっぱいで、婆絵は5人しか余っておらずでしたが1人まあまあ可愛いサル系の娘を選び

この娘がノリノリで楽しい娘で、えらく気にいられたのかしがみついて離れません^^;

会話もめちゃめちゃ弾んで、ちょー楽しかったですwww

この娘も次回有りかもしれませんwww

飛び込みで流れに任せた1夜でしたが、マカティーでは早くも最後の夜でした

明日は仕事を終えてから、セブへと飛びます







Tunay Na Mahal 別ブログはこちら

フィリピン パラダイス ランキング




久しぶりに担当者と
チャットガールと別れてから、担当者の店へ行きました

前回も店には行ったものの、店終わりの電話はすべて無視したわけで

ここ、2、3回の渡比でずっと呼んでません

さすがに可哀想にも感じ、この日は店終わりに来てもいいと告げて1セットで帰りました




ここ何回かは、アコはホテルには泊まっておらず

NG氏が不動産関係の仕事もやっており、コンドを安く貸してくれるためコンド生活をしています

帰ったアコは、さっさと彼女の店終わりまで寝ました

朝方コンドの下まで来た彼女を部屋に入れて、久しぶりに一緒にシャワーして

さっそくおっぱじめました

久しぶりなので、彼女の方が燃えに燃えまくっており、おそろしく激しかったです(プ

アコの担当者はスーパーが憑くほど爆乳なので、久しぶりの爆乳を堪能致しました^^;

この日は、仕事のスタートが少し遅かったので、彼女を呼んだわけですが

それでもやっぱり眠いものは眠いですね

仕事は、ケソンシティー、ラグーナ、パラニャーケ、マンダルヨンと車移動が長く

ずっと爆睡してましたwwwww



やっぱ、歳には勝てん




Tunay Na Mahal 別ブログはこちら

フィリピン パラダイス ランキング




紹介と出会い
比国へ行く前に、友達同士のLINEでのこと

ウルフさん ← 仲間内で神と呼ばれています

チャットガールを超ド短期で脱がしてしまいます

いつものように、チャットガールの写真がまわって来ました

珍しくかなり可愛い娘でした

しかも、マカティーKTVガールらしくて、気に行ったアコは紹介してもらうことに

で、マカティーへ行った初日に、NG氏と飯食った後、所要のためNG氏が帰った事もあり

アコは、この娘に電話してみました

今はKTVを辞めて、友達の家でなにもしていないようで、充電期間らしいです

今から会えるか? ドコニイマスカ? マカティースクエアの前にいます 10プンデ イキマス 

(´゚ω゚);;*,';;ブッ  はやっ!

本当に10分で来ました

しかし、実物は えっ!? えっ? て感じ

余程急いで来たんでしょうね・・・・スッピンでした

取りあえず、写真と見比べてみましたが、まちがいなく本人です

でも、実物はウンゴイです(-_-;)

どんなけバケるねん・・・・

呼んでしまった手前もあり、2本ずつビールを飲んで別れました

せめて、ノリのいい娘だったらもう少し遊びも考えたが、人生に疲れた感が半端無く

暗いし、大人しいし、笑うこともないし、こりゃダメだという感じでした

KTVで長く働いていたなら、もっとベテラントークで爆笑作れるはずなのに

性格なんでしょうね・・・ほんとに大人しい娘でした




今、仲間内でチャットガール遊びが盛り上がっており^^;

神ウルフ師匠が居るので、さらに盛り上がるわけです

アコは、今までの蓄積された婆絵とのやり取りだけで、毎日追われているのでそれどころではありません

基本、アコはチャットガールに関わったことがありません

今回が初めてなわけです




アコとしては、KTVに行けば何百という婆絵がおり、しかも決めれないほど可愛い娘が沢山いるので

あえてチャットガールに行かなくても、ショーアップで気に行った娘を選べばいいわけで

フィリピンへこれだけ行ってても無縁だったわけです



しかし、今回この娘と会って、やはり自分で実物をチョイスするのが一番であると、改めて思ったしだいです








Tunay Na Mahal 別ブログはこちら

フィリピン パラダイス ランキング




翻訳アプリ
夜のお店で遊ぶ分には、自力の片言で頑張りますが

仕事では、間違った事が伝わるのが恐い事と

アコのビジネスパートナーとは、車で一日中一緒に行動するため

長い話や伝わり難い話は、翻訳アプリを使っています

これが、意外に使えますwwww



ちゃんと会話は成立します



ちょっと邪魔くさいけど、マイクで話すだけなので^^;


こんなもの使ってるから、いつまでも英語が覚えられないwwww



でも、アコは近い将来には携帯端末が会話の全ての通訳をする時代が来ると思います

かなり近い将来にです

現時点でもあれだけ精度が高いのですから



仕事だけこれを使っていますが、夜の世界は自力のタガリッシュです(プ



毎度不思議ですが、3日目くらいになると英語耳になってくるのか

何を言ってるか全部聞き取れるようになってきます

聞きとれさえすれば、こちらは片言でも会話成立です



アコのようにコンテでも、大爆笑で婆絵相手に話せてるんですからwwww



今回の仕事では、翻訳アプリが大活躍したので

さらなる進化で、テーブルに携帯を置いておくだけで

お互い普通に喋れば、携帯が通訳で勝手にお互いの言語で音声翻訳する

しかも間合い無しにリアルタイムで

そんなアプリが必ず出来るとアコは思います



相手が、アフリカ人でも、イタリア人でも、ドイツ人でも誰とでも会話出来る時代がきますね



たぼん





Tunay Na Mahal 別ブログはこちら

フィリピン パラダイス ランキング